2018年4月13日金曜日

コレなんですよね…




みなさまこんにちは

カレンでございます

今日は、嬉しい出来事がありました



私がDiva Hairに入学する遥か前から

お店に来てくださっている

超絶かっこよっしんぐキャリアウーマンな

お客様がおられ、接客に入ると

生徒をやさしく見守る先生のような感じで

接してくださります



仕上げはいつもバショさんが入るのですが

最近私は、コテ巻きに自分の中で力を入れていて

今日はなんだかいけそうな気がすると思い

恐る恐る

「今日、巻いてもいいですか...?」

と聞いてみると、びっくりされたのか

少し間が空いてから

「いいよ!!」

と言ってくださいました



バショさんの顔にもハテナマークが浮かんでおり

「え!おめぇが巻くん?!」

と犬のフンを踏んだような表情で言われました



が、試みました



いつも巻いているスタイルとは違う感じで

少しエレガントに見せられるように意識したのですが

バショさんの巻き方を完コピすることができず

いつもとは若干違うスタイルになっていきました



「今日はお家帰るだけじゃから

いつもやったことない感じにしてもらっていいよ〜

私が一番似合うスタイルつくって〜」

と、お家に帰る宣言とともに

私に愛のあるプレッシャーを与えてくださいました

「ちょっとちょっと〜

意地悪言わないでくださいよぉぉぉ〜」

と少しか弱い女の子を演じたのですが

お客様にはノーダメージでした



「そりゃ意地悪ゆうよ〜(笑)

だって頑張って欲しいんじゃもん」






..............!!!!!









“だって頑張って欲しいんじゃもん”









さらっと言われたその言葉に

涙が出そうになりました



私たちの成長に期待してれているお客様がいる

今しているのはただのコテ巻きだけど

それはただのコテ巻きじゃなくって

荒巻ジャケでもなくって

担当させてもらえる目の前のお客さまを

“るんっ”ってさせられる私の技術なんだ






いつもと違うかもしれないけど

「私なりに最大限にお客様に似合うスタイルにしたい」

そう思いました



お客様の希望も取り入れながら出来上がったスタイルに

「なんか、ええ感じじゃが〜

ちょっと出かけて帰ろうかなっ!!」

と言われた時、心の中では藤原◯也が

ゔぁぁぁぁぁぁあ〜!!と

喜び、泣き叫んでいました



最後に

「また次もお願いするわ」

と、女神様のような笑顔で言われた時には

流石に嬉しすぎて意識がぶっ飛ぶかと思いました

バショさんも

「そーやってどんどん俺の仕事無くしていく〜」

とお客様に言っていましたが

なんだか少し嬉しそうでもあり

私も、バショさんのデザインと

お客様の今日のスタイルに貢献できて

心がルンルンであります









あぁ…やるっきゃないな(キラン)






























0 件のコメント:

コメントを投稿