2018年3月6日火曜日

Diva hair周年祭




みなさまこんにちは

本日もカレンがお送り致します

よろしくお願い致します



前回のブログでもお伝えしましたように

3月4日はDiva hair8周年記念日でしたので

周年祭をしてまいりました



行ったお店は

“よんかいのおみせ”

という岡山では超有名な隠れ家(どっち)



もちろんホットペッ◯ーグルメとかにも載っておらず

エレベーターで4階に上がるのですが

お店の階の記載が隠れミッキーばりに分かりづらく

ご亭主の隅々まで行き渡ったこだわりが感じられます



店内に入ると季節を感じられるお花や

独特な世界観の絵が飾ってあったりと

なんだか芸術的な空間です



もともとバショさんが行きつけだったお店で

何度か連れて行って頂いたことがあるのですが

まずみんな口を揃えていうのが

“亭主の愛想が悪いが料理が美味しすぎる”

ということです(すみません)



一見さんとかに対しては愛想がなく

それも亭主さんの真心の全てが

作る料理に注がれている証拠と捉えると

「そういう事か」と納得



なんだかそんな対応が

心地よくもなってくるものです

完璧に“味”で勝負している感じが

ひしひしと伝わってきます(誰だよ)

そしてそのご亭主がまたすこぶるイケメンなのです






バショさんの仲の良さにあやかり

写真を撮らせていただきました



あれだけ無愛想だったのに

心の開き方が半端じゃなく早く

なぜかお客様用の席に座り

Diva hairの一員みたいなご様子で

最後は一緒に会話を楽しんでくださいました



ちなみにこの写真を撮った時

「今スッピンじゃけどいい??」

と二回くらい言ってました(笑)



とってもユーモアのある方で

メニューには書いていなかったのですが

「デザートの盛り合わせください!!」

と調子にのって言ってみると

「デザートの盛り合わせなんかねえよ」

と言い放たれ

「これならあるよ」

と出されたのがタッパーに残った

ほうじ茶アイス 





ご亭主曰く、ス◯バやいろんなところで

「“ほうじ茶なんとか”みたいなのが流行ってるけど

おれはもっと前からこれをやってきた」

とおっしゃっていました


残さずしっかりいただきました






最後は酔っ払った私たちの押しに

優しく対応していただき

イベリコ豚の生ハムカット体験まで






大変申し訳ありませんでした

そろそろ出禁になると思います

※良い子、大人の皆様は決してマネしないでください



ほぼ“よんかいのおみせの告知”みたいに

なってしまいました

まだまだこの後にカラオケにいったり

楽しいことや面白いことがありましたが

止まらなくなるのでここら辺で失礼いたしときます



本日も最後まで見てくださった皆様

本当にありがとうございました


































0 件のコメント:

コメントを投稿