2018年2月15日木曜日

どうしてもできない真面目な話




皆様こんにちは

カレンでございます



最近、少しずつお客様に

ブログが面白いといっていただけて

嬉しくて心の中では

トリプルアクセルダブルトーループを成功させています



そして定期的に褒めてもらうと喜びます

あれだけ小バカににしていた西野◯ナの

“ト◯セツ”の歌詞がこころに響く年頃になりました






話は変わりますが

サヤカレンは今、メンズカットデビューに向けて

必死こいてメンズモデルさんで練習させてもらっています
 
ここから真面目な話をしようと思ったのですが

書いたり消したり心ここに在らずだったり

途中まできてなんだか嫌気がさしました(笑)





やっぱり私にはバショさんの様な素敵なブログは

書くことができないと確信いたしました



ということで、昨日の師匠の激写を

もう少し掘り下げていきたいと思います






こちらが例の写真なのですが、

こうなる数分前のことです



お昼の休憩中私がせかせかとご飯を食べ終わらせ

深爪流をよんでいると、遂に見つかってしまいました

一番見られてはいけないお方に、、、



「何それ〜」

と後ろから覗かれ、私が弁解する間も無く

取り上げられてしまいました



「本当に誤解だけはしないでください!(笑)」

と私の声など一ミリも聞いていないであろう師匠に

アリのような抵抗をしたのですが案の定

じっくり見た後に言われたセリフが



「おめ〜ぜって〜欲求不◯満じゃろ」←




それもそのはず

冒頭で出てくるタイトルが






こちらになります



でも皆様には弁解させてください



私が初めてこの本を書店で目にした時

一番に開いたページのテーマがこちら






作者さんの斜めから入る鋭い視点に

ドキッとしてしまったんです



一目惚れでした



読み進めていくと、あんな感じの卑猥なネタがあると知り

さらにハマりました



そして購入した自分を恥じましたが

結構この本のおかげで自分の価値観が変えられた気がします(笑)






バショさんもあんなことを言ってこられましたが

こういうエッセイ本は意外と嫌いじゃないみたいで

辛酸なめ子先生という方の本を

紹介してくださりました



“辛酸なめ子”



名前からしてとても興味深いので

ちょっと書店に行ってこようと思います
























































0 件のコメント:

コメントを投稿